メロンパン

フランスのバゲットとは異なり、台湾原産のパンはありませんが、子供にも大人にも両方に愛されているパンが1つあります - メロンパン!これは、砂糖、卵、小麦粉および油から作られたスイートペーストの層が上に乗っているパンです。焼くとメロンの形に似ているため、その見た目で有名です!メロンパンがどのように台湾で登場したかについて2つの説があります:
1.台湾のパン屋さんがスキルを向上させるために日本で訓練を受けた後、日本のメロンパンを台湾に持ち帰り、その風味を変え今や台湾で一般的に食べられているメロンパンになった。
2.香港のCha Chaan Teng(ティーレストラン)に由来する。台湾のパン屋さんは、現在販売されているメロンパンを作る独自の方法を開発した。
どちらが正しいのでしょうか?とはいえ、メロンパンは確かに台湾で最も人気のあるパンの一つであり、パン屋さんでいつでも見つけることができます。台湾の人々は少なくとも1回はメロンパンを食べたことがあるに違いありません!
近年では、様々なフレーバーを使用したメロンパンがパン屋で作られるようになりました。とあるパン屋ではクリームを、また他のお店ではココアを混ぜて作っています。次回、台湾を訪れる際には、ヌテラがメロンパンに入っているのを見ても驚かないでください。チーズ、ソーセージ、バターなどを挟んだサンドイッチにも使用されています。