ライ小麦パン

ドイツで最も一般的なパンの1つは、ライ麦パン(51-89%のライ麦を含む)です。 代表例は、ローフ焼き型で焼かれ上部だけがカリッとなるダークブラウンパン(コミスブロート)と手作りのカスラーパン(カスラー)です。

300種類以上のパンがあるドイツは、世界的にも有名なパン文化がある国。 ドイツ人は、ライ麦、小麦、スペルト麦問わず、さまざまな穀物で作られたパンを食べるのが大好きです。 ドイツのパンは、サイドディッシュというだけではなく食事の中でもメインの一部分であり、ドイツでは毎年5月5日に「パンデー」が開かれるほどです。