ビッグアップル ブレックファースト

ベーグルが発明された場所を確信している人は誰もいませんが、誰もが同意していることはあります。それはベーグルがニューヨークシティの象徴的な朝食であるということ。 1900年代、ローワーイーストサイドには70以上のベーグルベーカリーがありました。その人気は1950年代に顕著になり、今日この街には数百のベーグルショップがあります。ベーグルがユニークなのはどうしてでしょうか?それは焼く前に茹でることで、あの独特の歯ごたえやツヤのあるベーグルの皮ができるのです。何百万人ものニューヨーカーは昔ながらの“穴の開いたロールパン”を、伝統的なトッピングやスプレッドよりも何よりも楽しんでいます。ヌテラを使ったShmear(クリームチーズの一種)を挟んだ温かくトーストされたベーグルは、目を覚ますのに絶好の方法です。眠らないこの街で!