Our Heritage Story Pasticceria | Nutella

ヌテラ®の伝統

ヌテラ®愛と情熱にあふれるストーリー

ヌテラⓇのユニークな味と製法のストーリーを知っていますか?

The pasticceria was Nutella is borned | Nutella

「ポジティブ」が
味の秘訣

第二次世界大戦後、カカオは大変不足していました。イタリアのピエモンテ出身のフェレロは、この難しい問題を賢く解決しました。ヘーゼルナッツ、砂糖、そしてほんの少しの入手困難なココアから作られた甘いペーストを作りました。これがヌテラ®の先駆けとなるものです。

Nutella_History
Our Heritage Giandujot | Nutella
1946

「ジャンドゥジョット」の誕生

初期のレシピの甘いペーストは、スライスしてパンに広げることができる塊に形作られ、地元のカーニバルのキャラクターにちなんで名付けられました。

NutellaHistory_02
SuperCrema Jar Poster | Nutella
1951

「スーペルクレマ」の誕生

「ジャンドゥジョット」は、より塗りやすいクリーミーな「スーペルクレマ」という名前の新製品に変わりました。

Nutella is Born | Nutella
1964

ヌテラⓇ
の誕生

製法がさらに改善され、新しいヘーゼルナッツとココアクリームの最初の製品が開発されました。これが、今日「スプレッド」と「笑顔」の代名詞となっているヌテラ®です。

Our Iconic Jar | Nutella
1965

ドイツでの
発売

ヌテラ®はその象徴的な容器でドイツで発売されました。

Reaching France Jars | Nutella
1966

フランスでの発売

ヌテラ®はフランスでも発売され大きな成功を収めました。

Reaching Australia Jar Flag | Nutella
1978

ヨーロッパの外への進出

ヌテラ®はオーストラリアに進出し、シドニー近郊のリスゴーにヨーロッパ以外では初のヌテラの生産工場を開設しました。

30 Years in France | Nutella
1996

フランスでの希望に満ちた30年

パリのカルーゼル・デュ・ルーブルで大規模なイベント「Generation NUTELLA®」が開催され、ドゥクフレ、パコラバンヌ、ウォランスキーなどのヌテラで育ったアーティストの作品が展示されました。

NutellaHistory11
World Record Breakfast Nutella Event | Nutella
2005

ギネスブックに掲載される記録達成

5月29日、ドイツのGelserkirchenで27.854人が、ヌテラ®を使った「史上最大のコンチネンタルブレックファースト」に参加しました。

2007

ワールド ヌテラ® デーの誕生

2007年2月5日、イタリア系アメリカ人のブロガーであるサラロッソの呼びかけの元、ヌテラ®の愛好家が団結し、ワールド ヌテラ® デーが誕生し毎年祝われています。

10 Million Friends Reached On Facebook  | Nutella
2011

「シェア」
される情熱

ヌテラ®のグローバルFacebookページは、1年間で1,000万人のファンにリーチしています。

2014

50周年記念

ヌテラ®の50歳の誕生日を祝うために、nutellastories.comが作成されました。ここでは、ヌテラ®愛好家が76,400のストーリー、思い出、瞬間を共有しました。その後、この誕生日は10か国で世界的なイベントで祝われました。イタリアでも記念切手が発行されました。

30 Million Friends Reached on Facebook | Nutella
2015

3000万人のファン

一日の始まりに、ヌテラ®は朝食のテーブルで何百万人もの人々とFacebookの3000万人のファンに対し素敵な朝を願っています!

First Cafe Opening Shop | Nutella
2017

ヌテラ®カフェオープン

Biscuits is Born | Nutella
2019

ヌテラ®
ビスケット

ヌテラ&ゴー!とヌテラ®ビーレディ(日本未発売)に続き、クリーミーなヌテラ®とカリッとした食感が特徴のヌテラ®ビスケットが新たにファミリーに加わりました。 2019年、フランスとイタリアでの発売され好評を博しています。

ヌテラ®の変わらぬ姿勢

これまで、そしてこれからもヌテラ®は情熱、品質、そして原材料への配慮を胸に取り組んでいきます。ヌテラ®の素敵なストーリーは今後も変わらず続きます!

シェアはこちら