ヌテラタイム~ドイツ

ドイツ人にとって朝食は一日で一番大事な食事。お気に入りは、パン、コーヒー、ジャム、そしてもちろんヌテラです。ハンブルグやベルリンのような北部の都市で好まれる食べ物は、雑穀パン、コーヒー、ジャム、そしてもちろんヌテラも。 北部の都市では、ペストリーを使った甘い朝食が好まれますが、南部では、例えばミュンヘンのように、より手の込んだ朝食が好まれます。 平日の朝食はすぐに用意できるものですが、日曜日にはほとんどの人がロールパン、卵、果物でゆっくりとごちそうを楽しんでいます。