ミケッタ

ミケッタは、特徴的な花の形をした白いロールです。中央のドーム型のふくらみは、生地が生の状態の時に切ってつくられます。
ローマではこのタイプのロールはロゼッタとして知られていますが、ベルガモ地区ではステッリーナと呼ばれています、ミラノでウィーンのレシピに基づき発祥しました。18世紀のオーストリアの占領時代のことです。故郷の味を味わいたいという占領者たちの要望に応えて、ミラノのパン屋が売り始めました。それ以来、ミケッタはロンバルディア料理の伝統の歴史に加わり、2007年には最も重要な地元料理与えられるかの有名なDe.Co認定を取得しました。
このタイプのロールパンはカリカリで、パンの中身が軽いため、クリーミーなフィリングとよく合います。