パオ・デ・マフラ

薄く硬い生地で、素朴で大きいパンです。 通常、朝食やスナックにスライスして食べます。 19世紀以来焼かれてきたリスボン周辺のサロイアの指定区域で生産された「パオ・サロイオ」のいわば子孫です。