タピオカ

タピオカは、「マンジョッカ」という植物(ブラジル産)から抽出されたでんぷんを乾燥させた白粉です。 伝統的にブラジルの北部・北東部で消費されていましたが、今日ではブラジル全土で見つけることができます。 タピオカは無味で強力なゲル化特性を持つので、甘い食べ物でも風味のよい食べ物でも非常に使いやすい増粘剤となります。 美味しい朝食として楽しまれているのは、温かいタピオカにヌテラをぬり、それを半分に折りたたんで、新鮮な果物、コーヒー、フルーツジュースを一緒に楽しむことです。